お知らせ

「峨駒の古典的スピーカーの調べ」は”木下惠介記念館”で行っております。
イベントのお知らせはこちらのページです。古典的スピーカー+墨汁抵抗+ECMフォノピックアップ

当ブログは作者「峨駒」のオーディオ技術メモです。
主な内容

HB-PU(ハイブリッド・ピックアップ)の試聴は以下の場所でお願いします。

2012年9月23日日曜日

振動膜ピックアップ改め、ハイブリッドピックアップ(ECMフォノピックアップ)

前回に引き続きエレクトレットコンデンサマイクを使ったアナログレコードピックアップ(自作カートリッジ)です。


当初、空気を振動させるために膜のような薄い素材を使っていました。
そのため、振動膜式ピックアップと名づけましたが、ピストンやバルブのような形状、カンチレバーを板状にしてパイプの入り口を塞ぐ形状など、だんだん変更していき、振動膜という名称が適当ではなくなってきました。
そこで、今回新しい名称を考えました。

その名もハイブリッドアナログレコードピックアップです。

というのも、アコースティックとエレクトリックの両方の要素を使って音を再生するからです。

なお、ハイブリッドアナログレコードピックアップだけでは検索で飛び込んできた方とかクローラーロボットに分からないので、
めんどくさいですが、毎回ハイブリッドアナログピックアップ(自作カートリッジ)と書きます。





こちらが最新のモデルです。
パイプは3ミリ径で0,1ミリのステンレス板を丸めて作っています。
竹のパイプも良いですが、グリスを塗って時間が経つと竹に引かれてちょう度が高くなります。
ちょう度が高いと中高音が極端にへこみます。
ちょう度に影響を与えないためと、たとえちょう度が上がっても、ステンレスの型打ち器のようにグリスを切ることが出来、影響が少ないためです。

スタイラスは針金です。竹のスタイラスは切り方によっては良いのですが、不安定で切り失敗も多く、こちらのほうが無難です。
カンチレバー兼振動板は竹です。スタイラスと振動板はユニットごと交換できますので、いろいろな厚みの振動板を試すことが出来ます。
マイクは接着するだけですので、どのタイプでも聴けます。
現在は[WM-61A] を付けて聴いています。



12年10月1日




新作の写真です。
竹が縦や横に異様に長いのは、振動を溜め込むためのものです。
振動を溜め込んでエコーがかかっています。ちょっとやりすぎた感じもありますが、適度にやればバイオリンなどは気持ちいいと思います。

振動をためると言うことは、素材の持つ音が誇張されると言うことでもあります。
そもそも、レコードの塩ビにも相当なエネルギーが溜まっている訳です。
音を溜める仕組みは奥が深そうです。



12年10月7日




もう一本作りました。
といいますか、前作を壊して作り変えています。(パーツもほとんど使い回しています)
ですので以前作った、あれを聴きたいと思ってももうありませんので、ご了承ください。

今回のは、ほとんど目新しい仕組みはありませんで、左右が逆になっただけです。向かって右側に指掛けがあるのでそのほうが重心が真ん中に来るとうい理由です。

この作品に限らず竹アームは中音域が魅力なのですが、膨張しすぎて抑えきれない場合がよくあります。そんな場合は写真のようにスポンジを挟むのが一番手っ取り早い方法です。
本当はスポンジなんか使いたくないですが、まあ、結果的に出てくる音が良ければ、安っぽい外観でも受け入れられるというものです。

で、いろいろ作りましたが本質的な音のキャラクターは変わりません。一本筋が通っている感じがします。だんだん耳が疲れてきました。
どうしても、とっかえひっかえ聴いていると、普通の音がつまらなく感じてきて、ゲテモノが良く思えたりするものです。そういう時は素直にしばらく離れるのが得策です。