お知らせ

「峨駒の古典的スピーカーの調べ」は”木下惠介記念館”で行っております。
イベントのお知らせはこちらのページです。古典的スピーカー+墨汁抵抗+ECMフォノピックアップ

当ブログは作者「峨駒」のオーディオ技術メモです。
主な内容

HB-PU(ハイブリッド・ピックアップ)の試聴は以下の場所でお願いします。

2017年8月12日土曜日

「38空間」研究試聴室

今まで、自宅の6畳間を試聴室としていたが、
今年の6月より、16畳くらいの広いスペースに移動した。

それこそ6畳間の時は自分のいる場所と、コーヒーを置く場所くらいしか残っていなかったので、移動して本当に楽になった。

天井も2,7mと高く、下はコンクリート土間でがっちりしていて、ハウリングの心配もない。もともと店舗スペースなので、敷居が低く入りやすい。
良い事尽くめなのである。

名前は「38空間」研究試聴室。
(38空間は2か所あります。もう一つは樹木園、そちらは私の本業の、いや、こちらが道楽か?造園の関係で所有している山です。)

研究施設ではフォノカートリッジの実用化(市販)を第一の目的とする。
他にもオリジナルの物は沢山あるが、ご承知のように、電気法なるものがありほぼ市販は不可能なのだ。(皆さん、危険を伴う実験は各自に安全に気を配って、自己責任でお願いします)


38空間 研究試聴室







以前はこういう状態だった↓


これはこれで見応えがあるが、動きが取れない。

0 件のコメント:

コメントを投稿