お知らせ

「峨駒の古典的スピーカーの調べ」は”木下惠介記念館”で行っております。
イベントのお知らせはこちらのページです。古典的スピーカー+墨汁抵抗+ECMフォノピックアップ

当ブログは作者「峨駒」のオーディオ技術メモです。
主な内容

HB-PU(ハイブリッド・ピックアップ)の試聴は以下の場所でお願いします。

2013年12月19日木曜日

ECMフォノピックアップ、ステレオ化その1

モノラルピックアップは一休み、ステレオ再生に挑戦です。

 このように、ECMを2つ使う。

 3作目
 2作目
 前から見るとこんな感じ。45度に1mm径の穴が通っています。
 ルーペで振動系を撮影。ピンボケでよく分からないと思いますが、カンチレバー、ステレオリンク、とも竹ひごです。真ん中(T字の接合部)の透明な物体が、サファイアスタイラスです。Tの両端を左右の穴に納め隙間はシリコン充填剤で密閉、同時に振動系をダンプ。
こちらは、1作目のワイヤーリンク。(リンク、カンチレバーとも0,08mmのワイヤー)チャンネルセパレーションは抜群ですが、音が痩せる。針金っぽい、ギンギンする、キラキラする、と表現しましょうか。金管楽器は突き抜けてます。疲れます。

竹ひごリンクが今のところ一番良いです。
ところで、ちゃんとステレオ再生できているのか?
ですが、まず、スピーカーを逆相でつながなくてはなりません。正相で聴くと鼓膜を左右ばらばらに押されている感じで気持ちが悪くなります。
片チャンネルが逆相になるのは当初から分かっていました。むしろ同相だとステレオ再生は出来ないということになりますので困ります。
いずれトランスでも挟んで位相を反転しようと思っています。

さて、はっきり右左が分かれているレコードをと。。。オーディオ評価盤?シェエラザードで左からバイオリン、右からハープと書いてある。。。うん、ちゃんと分かれて聴こえる。
ステレオ音場はちょっと狭いかな?最近ステレオ再生していなかったので、なんともいえません。
2階席で聴いていると思えば問題ないでしょう。

1作目、2作目は(SG6027)ノーマル接続で3作目は(WM-61A)ソースフォロワです。
WM-61Aのソースフォロワは音が良いと巷でうわさですが、強制的に振動させられるハイブリッドピックアップでは、音の違いはそれほど出ません。しかし、感度のばらつきの対策として、また許容入力音圧の観点からもソースフォロワは便利です。

ECMフォノピックアップはECMの膜にSPL100dB音圧相当の圧力が掛かります。
そのためノーマル接続ではクリップしやすいのです。