お知らせ

「峨駒の古典的スピーカーの調べ」は”木下惠介記念館”で行っております。
こちらのブログは技術的な記事に限定して書いておりますので、以後、イベントのお知らせはこちらのページにて行います。古典的スピーカー+墨汁抵抗+ECMフォノピックアップ

当ブログは作者「峨駒」のオーディオ技術メモです。
主な内容

2015年10月12日月曜日

フォノピックアップ、墨汁抵抗、PPフィルムコンデンサ

MEMSフォノピックアップ


MEMSフォノピックアップはあれから増殖を続け、もはやECMフォノピックアップは隅っこに放置されている。WM-61Aは30個ほどあるが、これももう使う事はないかも知れない。

実験で分かったことをまとめておこう。
先ず、f特性は関係ないという事。
f特の良いマイクはまだ値段が高いので、敬遠する。
そして、ダイアフラムの大きさによって感度が変化する事。
ダイアフラムの面積が2分の1になると、出力は2倍になる。

最近使ったものは


値段も2個で260円とかなり安い。

そしてこれは感度が高い。(ここでいう感度とはピックアップとして使ったときの出力感度、
マイク単体での感度はユニティーゲインで-42dBと他のマイクと変わりない。)
つまり、ダイアフラムが小さいという事。
まだ分解していないので詳細は分からないが、そのうちやろうと思う。

*後ほど分解して調べたが、ダイアフラムはSPU0409HD5H(PB-7)やSP0103NC3-3とさほど変わりなかった。
JL-M2417Aは-36dBなのに出力はむしろ小さくなる。
SPU0414HR5H-SBはプレスで蓋を作ってある。
どうもここら辺が関係しているようだ。






感度が高いことは歓迎すべき事だ。
今は若干使い勝手が悪いが、アンプのゲインを小さくすれば何の問題もない。
小径ダイアフラムの方が微小信号への反応も良く、SN比も良い。

今までに使ったMEMSマイクの中で最も安いしf特もかなり荒れているが、これが一番良い音だった。

ただし、SPL115dBで歪率が10%だから、そこだけ注意が必要。
出力が大きくなるという事は、ダイアフラムにかかっているSPLがそれだけ大きいという事。
このピックアップは空気をいくらでも圧縮できるので、必要以上に圧縮比をとらない事が重要だろう。

空気穴の位置をあわせるために紙のガイドを先に接着し、後に本決めする。

やはりエポキシ系接着剤をてんこ盛りにする。これをやるのとやらないのでは、音の厚みが大分違う。

墨汁抵抗


硬化した(一度乾いた)墨汁は抵抗値がとても安定してる。

今まで両サイドのカシメはスズメッキ銅線を使ってきた。
これは、裸銅線だと表面が酸化して抵抗値が変わるためだ。

だがここにきて墨汁の安定性を再認識した。
完全に乾いた墨汁紙紐、後にオイルを染み込ませる。
全く抵抗値の変化は認められなかった。

ならば、裸銅線を使って両サイドをカシメ、さらにオイルを塗布すれば、問題は解決だ。
裸銅線はホームセンターの園芸コーナーにある。値段もスズメッキ銅線の3分の1だ。
何より、メッキ線特有のキラキラした色付けが無いのがうれしい。



PPフィルムコンデンサ


最初の頃は無誘導巻きにこだわっていたが、ここはこだわるべき所ではないことに気づいた。
無誘導巻きは巻く段階でずれてリークしてしまわないように気を使い、高密度で巻くことが出来ない。
高周波を扱うわけでもないので、誘導成分があっても良いだろうという事で。。。

それで、この写真。
同じ容量のコンデンサだ。
銅箔の面積も5分の1程度になった。
箔の面積が小さいという事は、それだけ湿気や外的圧力で絶縁性能が落ちる可能性も少ない。


更にPPフィルムの隙間にオイルを染み込ませる。
容量は約2倍になる。
オイルコンデンサの絶縁性能が低かったのは、オイルが低いのではなく、紙が低いのだ。
PPフィルムコンデンサのオイル入りは手巻きとしては極めて高い絶縁性能がある。
正確には測れないが1nF当たり数GΩ~数十GΩはある。




音作りを部品に頼らないために私が最も重要視していること。

出来るだけ自然素材を使い制作する。

出来るだけ普通に手に入るもので制作する。

秋葉原に行かずとも、ホームセンターや通販で間に合うような制作方法を考える。

評判の良い部品は使わない。

一番ベーシックなものを選択する。

ベーシックなもので自己表現出来るのならば、評判の良い部品、高級な素材は必要ない。返って邪魔になるのだ。