お知らせ

「峨駒の古典的スピーカーの調べ」は木下惠介記念館もしくは鴨江アートセンターで行っております。
ホームページ作りました。Audio Design Garage 38空間


2009年5月28日木曜日

仮組




コイルは巻き方が汚くて、当初の計算より2割も短くなりました。
その分電流が多く、すでにエナメル線の定格をオーバーしています。
30分でお風呂の湯位、1時間で触れない位になります。ちょっと流しすぎかもしれません。
磁力は申し分なく強いです。
ペンチが張り付いて取るのに苦労します。

すごい磁力なので、早く音を聴いてみたいと思い、仮ですが、コーンを付けてみました。ボイスコイルも今までの物を使いました。

ところが、音は予想外で、優しい音です。
とてもロナーレンジです。

聴きやすいいい音なのですが、もう少しパンチ力が欲しい感じがします。

原因は、ギャップの幅にあるかもしれません。
工作制度に自信がないので、ギャップは広めに取っておきました。
これ以上電流を食わせる訳にもいかないので、コーンの形で何とかしようかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿