お知らせ

「峨駒の古典的スピーカーの調べ」は”木下惠介記念館”で行っております。
こちらのブログは技術的な記事に限定して書いておりますので、以後、イベントのお知らせはこちらのページにて行います。古典的スピーカー+墨汁抵抗+ECMフォノピックアップ

当ブログは作者「峨駒」のオーディオ技術メモです。
主な内容

2009年5月28日木曜日

励磁型スピーカー


励磁型スピーカーはやっぱり、欲しいですね。

それでもって、やはり自作から始めます。
買うのより楽しいですからね。

でも、ヨークから削り出すのは工作機械が無いのでやめます。

アルニコのスピーカーをばらした所です。使える部分は使おうと思います。

接着剤で固めてありましたが、金槌でバシバシ叩いてはずしました。
割れるかな?と思いましたが、意外と丈夫なんですね。フェライトではこうは行きませんよね。

センターヨークはほぼ同じ長さであれば収まりますので、それほどの加工精度でなくても良さそうです。

コイルは、まだ決めていません。
電源の都合もありますので、それほど欲張らなくても良いかな?と考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿